News お知らせ

インド、パキスタン、ネパールからの再入国拒否について

2021年5月14日から、日本入国前14日以内にインド・パキスタン・ネパールに滞在歴がある外国人の方は、再入国許可(みなし再入国許可を含む)を持っていても、当面の間、再入国が認められなくなることが発表されました。

出入国在留管理庁では、日本への再入国を前提とした上記3か国への渡航を中止するように強く呼びかけています。

出入国在留管理庁からの渡航自粛要請

 

一方で、2021年5月13日までに再入国許可を持って出国をした以下の外国人の方は、上記3か国からの再入国が認められています。

・「永住者」

・「日本人の配偶者等」

・「永住者の配偶者等」

・「定住者」

・在留資格を問わず、日本人・永住者の配偶者または日本人・永住者の子供

 

入国制限の解除の見通しも立たたない中、出入国に関する措置も日々変わり、複雑になっています。

リガレアスでは常に最新の情報を取得し、顧客の皆様に提供しておりますので、ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

リガレアス行政書士事務所に相談する